YOSAKOI作品

YOSAKOI作品

2019年度 作品名「組曲 暁光燦々」

TOKYO2020に向けて盛り上がる日本に希望の光、暁の光が降り注ぐイメージで制作。
ベートーベンの第九を取り入れて、夜の闇を切り裂く明け方の光と、いちえもんを卒業していく子供たちが困難に負けず夢に向かって頑張れる大人に成長していってほしいという願いを重ねた応援歌である。

衣装は普遍的なデザインである市松模様とボーダーをシンプルに組み合わせた。
ヘッドとウエストを重めに締めて上下のバランスをとっている。

裏テーマは温故知新

衣装・振付制作 えぇもん


2018年度 作品名「獅子舞2nd」

2017年度の作品を大胆アレンジ!
フォーメーションやカノン振付を見直し、よりステージに映える作品に仕上げた。

提灯を強化しすぎたため、かなりの重さで振り回すのも止めるのも一苦労であった上に、ステージ上で何度も破壊することとなる(;´・ω・)

衣装制作 えぇもん
 振付  よさこい工房 祭彩 田村千賀
えぇもん


2017年度 作品名「獅子舞」

日本全国の伝統文化として存在する獅子舞をテーマにした。渋く・・・鳴子の音が聞こえるような作品。

楽曲イメージは「科捜研の女」
衣装は赤青黄の信号機カラーを採用。袴の花が効いている。
振付は「よさこい工房 祭彩 田村千賀」が手がけた。

できあがった振付を踊る祭彩メンバーは粋さをきっちり表現していたが、いちえもんが踊ると衣装の派手さと講師陣の趣味が相まって、なんだかポップな印象になった。

衣装制作 えぇもん
振付  よさこい工房 祭彩 田村千賀


2016年度 作品名「METAL(メタル)」

世界に通じる楽曲ジャンルであるハードロックとよさこいの融合を狙う。初心者でも踊りやすいように、キッズのもつ元気さとアイドル性を前面に押し出し、大人の落ちつき(・・;)でメリハリをつけた。

楽曲イメージはBABYMETAL「メギツネ」
衣装イメージはジャクソン5?

当初はシンプルで簡単にするイメージでいたが、どんどんフォーメーションや振付が増えていき、最終的には難易度が高くなってしまった。

さらに青アフロは子供たちに賛否両論だったが、周囲に「かわいい。かわいい。」と褒められることで気をよくしたのか、最終的には不満なくかぶってくれるようになった。
裏テーマは「ハードロックで有酸素運動」
なんだかはちゃめちゃな作品である。

衣装・振付制作 えぇもん